食感のよいものを

キャットフードは、食感がよいことが、猫に好かれるフードの一つでもあります。
やはり猫でも食べごたえが良い方が食べたという満足感が得られるとのことです。
人間は、食べごたえが良いものはもちろん、食べていて気持ちいいものです。
その感覚は猫だけではないということを覚えておいてあげてください。

極端にいうと猫に対して、流動食ばかり与えていても、猫は満足しないということです。
やはり、食感がよくて、噛んだりする楽しみ、『もぐもぐ』とする楽しみは猫もあるということです。

どうしても人間本位で考えてしまいがちになります。
そうなると、大切な愛猫のキャットフード選びも、栄養だけを考えておけばいいだろうと思ってしまいがちになります。
実際、食感がよくないキャットフードばかりを与えていくと、いつしか、食べる楽しみを猫の方で感じなくなり、
キャットフードを与えても、あまり食べてくれなくなるというケースもあるようです。

食感がよいものとは歯ごたえというだけでなく、食べていて、食べやすい物というものも含まれます。
野菜のしゃきしゃき感も、肉の柔らかい感覚も人間は、面白い、おいしいと感じるものですが、意外と猫もそのように思っていたりするらしいです。

猫はおいしいなどとは、喋って人間に伝えてくるということはもちろんありませんが、
いろいろな種類のキャットフードを試してみるとそう思っているのだろうなあと感じさせることが垣間見えたりします。
やはり猫などの動物にも食べる楽しみというものはあるようで、元々肉食なので、より一層、そのような感覚はあるようです。

また、太り気味の猫にもその食感のよいキャットフードは効果的かもしれません。
それは、ある程度カロリーが低いキャットフードを選びそれでも食感が良いキャットフードを与えれば、
食べる、噛むという行為で、脳の満腹中枢が刺激されて大食いを防止する事が出来るというものです。
やはり噛む回数、食べる時間が長ければそれだけ満腹中枢は刺激されるので、食べすぎを制御できるというわけです。