キトン用キャットフード

動物でも人間でも生まれたばかりの子供は、本当にかわいいものですね。
キトンとは聞き慣れない言葉だと思いますが、実は猫の子供の事です。
生まれてまだ間もない 生後12か月までの子猫の事を言います。

こんな愛らしい子猫には、子猫用のキャットフードを是非与えてあげてください。
子猫のとき、成猫のとき、老猫のときとそれぞれ与えるキャットフードは、変えた方がいいのです。
だから当然のように子猫のときも同じようにしてあげてほしいものです。

ではなぜ子猫のときも特別にキトン用キャットフードを与えないといけないのでしょうか。
それは、まだ、身体が成長していなくて、しっかりとした栄養を取って身体を作ったりしなくては、いけないからです。
生まれて間もない数か月の間もとても大事な時期なので、効率的に栄養素が凝縮されたものを摂取する必要があるということです。

本当に生まれてすぐのときは、子猫のお母さんの母乳を飲んで成長していくわけですがそのお母さんの母乳を飲まなくなってからは、
今まで母乳からもらっていた抵抗力と栄養素が不足してしまうのです。
人間も動物も、新生児にとって一番の健康食品は、母の乳だといわれています。
それほど母乳には大変、良い栄養素が詰まっているわけです。

ただその母乳の時期を過ぎてしまうと、途端に抵抗力をつけてくれていたものがなくなるわけです。
だから、丈夫な体を作り上げていくためにキトン用のキャットフードが必要であるというわけです。
他にもまだ体が出来上がっていないために、いろいろと未熟なところも多いのです。

例えば子猫の体内の内臓です。
消化器系がまだ成熟しきっていなくて未熟なので、消化していく力も弱いということなのです。
だから、食べたキャットフードが適切に消化され、吸収されるようにキトン用キャットフードは、胃腸に優しい成分を使っています。

このように子猫も人間と同じような離乳食という感覚に近いキャットフードを与えて
大事な成長期に安心して、食べてもらえる事が重要であるということは理解できるでしょう。
猫が魚を好む理由についての記事も興味深いです。