胃腸を整えるキャットフード

猫も人間と同様、栄養に過不足があれば肥満や栄養失調になり、健康を害します。
スーパーなどで手に入るものすべてが、満足のいくものとはかぎりません。
飼い主が品質を見極めるのはとても難しい事です。

猫が良く食べるという理由だけで、キャットフードを選ぶと健康上の問題がしばしば発生します。
キャットフードは、あくまでもネズミの代用品なのです。
胃腸を整えるキャットフードは、長期間食べても健康上の問題が起きない事を保障されてものといえます。

長期間にわたって食べさせて、胃腸を整えるキャットフードは、健康であるということを証明するには多くの時間と手間がひつようです。
だから、作る会社によっては、長期試験により品質を維持しているところがあります。

キャットフードにはドライ、ウェット、ソフトモイストの3タイプがあります。
おもな違いは、含まれる水分量の違いです。
これによって消化の良さも違ってきますし、それぞれの性質を理解して、バランスのとれたキャットフードを与えてあげましょう。

ドライタイプのキャットフードは水分含有量が10%以下のものです。
室温で放置しても腐敗はしません。
置きっぱなしに出来るのでいつでも食べられる自由彩色に適しています。

ウェットタイプは水分含有量は75%~80%で水分が多く嗜好性は高いです。
放置しておくと腐敗します。
猫が催促するたびに用意しなくてはいけないので手間などが大変です。

ソフトモイストタイプのキャットフードもあります。
ドライとウェットの中間の性質です。
軟らかく保つためにはプロピレングリコールが使われている製品もあります。
猫の貧血を招く可能性もあるので注意しましょう。