老齢猫用のものとは?

老猫の健康を保つには、若いころとは違ったシニア用の食事が必要になってきます。
まずは歯が抜けたり弱ってきたりするので硬い物は苦手になってきます。
また内臓の働きも悪くなっていくにつれ、消化吸収能力が落ち、エネルギー効率も悪くなります。

そこで年をとった老齢猫のキャットフードは、柔らかく消化がよくて栄養価の高いものが理想です。
また、猫は肉食動物なので、雑食の人とは必要な栄養素が異なります。
人よりも多くのタンパク質を必要としますが、人のように味付けした塩分の濃い食べ物は不必要で、身体を悪くするのです。

犬と一緒に飼っているので面倒だからと、猫にもドッグフードhttp://xn--qckubrc3d4m.ws/などを
与える人がたまにいますが、猫にとっては動物性たんぱく質の含まれる量が低すぎます。
犬とも必要な栄養素が異なるので、与え続けては必要な栄養に過不足が生じてしまいます。
とはいえ、栄養価の高いキャットフードは過食すると肥満につながります。
肥満は数々の病気の原因になりますし、
ただでさえ運動量の少ない老猫がさらに動こうとしなくなってしまいます。
また、脳や神経の衰えから、与えるだけ食べてしまい限度がなくなるという場合も
あります。
適量を把握して、加減しながら与えましょう。
老齢猫には消化が良く栄養価の高い食事がよいのであるならば、高たんぱくの食事が
最適に思えます。
しかし、たんぱく質が多すぎると腎臓に負担がかかりやすくなるので、
注意が必要です。
タンパク質はなるべく良質のものを少量与え、あとは炭水化物と脂肪でエネルギーを
補うとよいでしょう。
ニワトリであれば、脂肪のある胸肉や手羽、牛のレバー、アジ、カレイ、ヒラメなどの
白身魚、卵など、たんぱく質を構成しているアミノ酸は、動物性食物と植物性食物では
その種類が違い、猫には肉や魚、乳製品など動物性食物に含まれる
アミノ酸が欠かせません。
特にタウリンというアミノ酸は植物には含まれておらず、猫には必須のものなので、
動物性たんぱく質が少ないと欠乏症を起こします。
適正な量を与えるようにしましょう。
キャットフードについて注目すべき内容についても興味深いです。